クレアテラ

物理性分析
化学性分析(土壌)
化学性分析(水質)
化学性分析(肥料)
客土分析(黒土)
客土分析(マサ土・山砂)
現況土分析
有害物質分析
NEXCO土壌試験
ANSI土壌評価試験

  独立行政法人都市再生機構 現況土試験
   
  独立行政法人都市再生機構の定める植栽基盤用土に対する定型検査項目です。
植物の生育条件には欠かせない栄養素や排水性能、保水力等を分析し土壌の状態を知ることで維持、管理、改良等を円滑に行えるようになります。さらに各々の項目に対して基準値が設定されており、その合否判定も可能です。
また、一般植栽を目的とした基盤用土の基本的な性質を把握する場合においても、その良い材料となります。
比重浮秤
(粒度分布の測定)
元素分析装置
(全炭素・全窒素の測定)


独立行政法人都市再生機構 
現況土 項目一覧
試験項目 方法
  粒径組成(国際法)   JIS A 1204 土の粒度試験方法
  pH(H2O)   ガラス電極法
  電気伝導度(EC)   1:5水浸出法
  腐植   チューリン法 又は 乾式燃焼法
  全窒素
   ※現場によって試験を行わない場合があります
  ケルダール法 又は 乾式燃焼法

参考資料:基盤整備工事共通仕様書・施工関係基準平成16年度7月版         
※ 現況土は室内試験のほかに現場試験が必要となります。
ご依頼の手順


分析依頼書
(PDF)



分析依頼書
(Excel)



その他、見積り依頼や
問い合わせはこちらまで


株式会社クレアテラ
分析部門
TEL:03-5300-8288

analysis@createrra.co.jp






株式会社クレアテラ|分析業務(土壌分析・水質分析・肥料分析)と受託業務|独立行政法人都市再生機構 現況土試験

HOME > 分析業務(土壌分析・水質分析・肥料分析)と受託業務 TOP > 独立行政法人都市再生機構 現況土試験