クレアテラ

物理性分析
化学性分析(土壌)
化学性分析(水質)
化学性分析(肥料)
客土分析(黒土)
客土分析(マサ土・山砂)
現況土分析
有害物質分析
NEXCO土壌試験
ANSI土壌評価試験

  化学性試験(土壌分析)
   
  主に植物の生育に欠かせない栄養養分や阻害因子となるような成分分析です。
これらの成分は植物にとって多すぎても少なすぎても健全な育成を妨げることになります。
また、短期間においても比較的変化しやすい性質ですので、常に適切な環境を維持するため定期的に土壌や水質、肥料の状態を把握することが大切です。
    
元素分析装置
(全炭素・全窒素の測定)
吸光光度計
(リ ンの測定)
原子吸光光度計
(陽イオンの測定)
 
化学性項目一覧(土壌分析)
項目 試験方法
 pH(H2O)
 土壌環境分析法 Ⅴ.1(5) 1) ガラス電極法
 pH(KCl)
 土壌環境分析法 Ⅴ.1(5) 2) ガラス電極法
 pH(H2O2)
 土壌環境分析法 Ⅴ.16.b 酸性硫酸塩土壌の判定法
 置換酸度(Y1
 土壌養分分析法 2.3.2
 置換酸度(置換性水素)
 土壌養分分析法 8.1
 電気伝導度(EC)
 土壌環境分析法 Ⅴ.4 1:5水浸出法
 酸化還元電位(Eh)
 土壌環境分析法 Ⅴ.2 白金電極法
 強熱減量
 JGS T 221 土の強熱減量試験方法
 腐植 
 土壌標準分析・測定法 15.B チューリン法
 土壌環境分析法 Ⅴ.8 乾式燃焼法に準拠
 有機炭素
 土壌標準分析・測定法 15.B チューリン法
 土壌環境分析法 Ⅴ.8 乾式燃焼法
 全炭素
 土壌標準分析・測定法 15.B チューリン法
 土壌環境分析法 Ⅴ.8 乾式燃焼法
 全窒素
 土壌環境分析法 Ⅴ.9.A.b-1 硫酸分解法
 土壌環境分析法 Ⅴ.9.A.a 乾式燃焼法
 炭素率(CN比)
 全炭素または有機炭素と全窒素より計算
 アンモニア態窒素
 土壌環境分析法 Ⅴ.9.B.b インドフェノール青吸光光度法
 土壌環境分析法 V.9.d イオン電極法
 硝酸態窒素
 土壌環境分析法 V.9.d イオン電極法
 土壌養分分析法 11.2.2 フェノール硫酸法
 土壌標準分析・測定法 19.A 微量拡散法
 亜硝酸態窒素
 土壌環境分析法 Ⅴ.9.C スルファニルアミド-ナフチルエチレンジアミン吸光光度法
 可給態窒素
 りん酸緩衝液抽出による可給態窒素の簡易測定法
 土壌環境分析法 Ⅴ.10.C pH7.0リン酸緩衝液抽出法
 土壌環境分析法 Ⅴ.10.A 保温静置法(水田土壌)
 土壌環境分析法 Ⅴ.10.B 保温静置法(畑土壌)
 有効態りん酸 P2O5
 土壌環境分析法 Ⅴ.12.A トルオーグ法
 りん酸吸収係数
 土壌環境分析法 Ⅴ.11.A リン酸アンモニウム液法
 全りん酸 P2O5
 土壌養分分析法 12.2 過塩素酸分解-バナドモリブデン酸法
 全りん P
 土壌環境分析法 Ⅴ.14.B フッ化水素酸分解-バナドモリブデン酸法
 塩基交換容量
(陽イオン交換容量)
 土壌環境分析法 Ⅴ.6 セミミクロ・ショレンベルガー法
 交換性カリウム K
 土壌環境分析法 Ⅴ.7.A 原子吸光光度法
 交換性マグネシウム Mg
 土壌環境分析法 Ⅴ.7.A 原子吸光光度法
 交換性カルシウム Ca
 土壌環境分析法 Ⅴ.7.A 原子吸光光度法
 交換性ナトリウム Na
 土壌環境分析法 Ⅴ.7.A 原子吸光光度法
 陽イオン飽和度
 交換性K,Ca,Mg,Na及びCECより計算
 全カリウム K
 土壌環境分析法 Ⅴ.14.B フッ化水素酸分解-原子吸光光度法
 全カルシウム Ca
 土壌環境分析法 Ⅴ.14.B フッ化水素酸分解-原子吸光光度法
 全マグネシウム Mg
 土壌環境分析法 Ⅴ.14.B フッ化水素酸分解-原子吸光光度法
 全ナトリウム Na
 土壌環境分析法 Ⅴ.14.B フッ化水素酸分解-原子吸光光度法
 水溶性カリウム K
 土壌環境分析法 Ⅴ.5 1:5水浸出-原子吸光光度法
 水溶性カルシウム Ca
 土壌環境分析法 Ⅴ.5 1:5水浸出-原子吸光光度法
 水溶性マグネシウム Mg
 土壌環境分析法 Ⅴ.5 1:5水浸出-原子吸光光度法
 水溶性ナトリウム Na
 土壌環境分析法 Ⅴ.5 1:5水浸出-原子吸光光度法
 塩化物イオン
 土壌環境分析法 Ⅴ.5 1:5水浸出-イオンクロマトグラフ法
 JIS K 0102 35.2 イオン電極法
 硫酸イオン
 土壌環境分析法 Ⅴ.5 1:5水浸出-イオンクロマトグラフ法
 可給態鉄 Fe
 土壌養分分析法 16.1.3 pH4.5酢酸アンモニウム液抽出-
 原子吸光光度法
 土壌養分分析法 16.1.2 pH4.8酢酸ナトリウム液抽出-
 フェナントロリン法
 可給態銅 Cu
 土壌養分分析法 19.3 pH4.5酢酸アンモニウム液抽出-
 原子吸光光度法
 可給態亜鉛 Zn
 土壌養分分析法 18.3 pH4.5酢酸アンモニウム液抽出-
 原子吸光光度法
 可給態けい酸 SiO2
 土壌養分分析法 14 1N酢酸緩衝液抽出-モリブデン青吸光光度法
 交換性マンガン Mn
 土壌環境分析法 Ⅴ.18.C(4) 1) 原子吸光光度法
 易還元性マンガン Mn
 土壌環境分析法 Ⅴ.18.C(4) 2) 原子吸光光度法
 熱水可溶性ほう素 B
 土壌養分分析法 21 クルクミン比色法
 可溶性アルミニウム Al
 土壌養分分析法 8.2 アルミノン比色法
 全鉄 Fe
 土壌環境分析法 Ⅴ.14.B フッ化水素酸分解-原子吸光光度法
 全マンガン Mn
 土壌環境分析法 Ⅴ.14.B フッ化水素酸分解-原子吸光光度法
 全銅 Cu
 土壌環境分析法 Ⅴ.14.B フッ化水素酸分解-原子吸光光度法
 全亜鉛 Zn
 土壌環境分析法 Ⅴ.14.B フッ化水素酸分解-原子吸光光度法
 遊離酸化鉄 Fe
 土壌養分分析法 16.3.4 浅見・熊田法
 ジチオナイト-クエン酸塩還元溶解法
 フミン酸
 0.5%NaOH溶液で抽出後、酸沈殿画分の重量を測定
ご依頼の手順


分析依頼書
(PDF)



分析依頼書
(Excel)



その他、見積り依頼や
問い合わせはこちらまで


株式会社クレアテラ
分析部門
TEL:03-5300-8288

analysis@createrra.co.jp
 ※その他項目や方法もお気軽にお問い合わせ下さい。



土壌分級表 ― 土壌評価の目安
評 価 因 子 分     級
1(優) 2(良) 3(不良) 4(極不良)


 陽イオン交換容量 cmol(+)/kg 20< 20~10 10~5 5>
 土壌酸性度 pH(H2O)   5.5~7.0 4.5~5.5
7.0~7.5
3.5~4.5
7.5~8.5
3.5>
8.5<
 全窒素 g/kg 1.8< 1.8~1.2 1.2~0.6 0.6>
 有効リン酸 mg/kg 100< 100~50 50>
 交換性塩基 cmol(+)/kg 0.4< 0.4~0.2 0.2>
Ca cmol(+)/kg 10< 10~5 5>
 腐植 g/kg 50< 50~30 30>
 酸化還元電位 mV 400< 400~300 300~100 100>
 電気伝導度 dS/m 0.1~0.4 0.1>
0.4~0.8
0.8~1.6 1.6<
 塩素イオン g/kg 0.2> 0.2~0.4 0.4~0.8 0.8<

(関東ロームについての目安)









株式会社クレアテラ|分析業務(土壌分析・水質分析・肥料分析)と受託業務|化学性試験(土壌分析)

HOME > 分析業務(土壌分析・水質分析・肥料分析)と受託業務 TOP > 科学性分析(土壌)