元素分析装置    原子吸光光度計
         元素分析装置
           (全炭素・全窒素の測定)
        原子吸光光度計
        (陽イオンの測定)

  分析業務   土壌分析・水質分析・堆肥分析、土壌汚染分析(重金属、ダイオキシン等)、
             都市再生機構仕様の客土・現況土分析、NEXCO土壌試験など
  植栽基盤となる土壌や資材の植物生育に対する適性を確認するために物理性、化学性あるいは障害性について
 室内試験を実施。
 
物理性分析 粒度分布、飽和透水係数、有効水分保持量、三相分布、最大容水量、pF試験など…
化学性分析(土壌) pH、電気伝導度、全炭素、有機炭素、全窒素、りん、塩基交換容量(陽イオン交換容量)、塩基置換容量、交換性塩基(K、Ca、Mg、Mn)など…
化学性分析(水質) pH、電気伝導度、懸濁物質、浮遊物質量(SS)、陰イオン測定、陽イオン測定、
溶存酸素など
化学性分析(肥料) 全炭素、全窒素、全リン酸、カリウム、塩基交換容量(酢酸バリウム)、塩基置換容量、
硝酸態窒素、アンモニア態窒素など
客土分析(黒土) 粒径組成(国際法)、飽和透水係数、有効水分保持量、pH(H2O)、腐植、全窒素、
塩基交換容量(CEC)、電気伝導度(EC)
客土分析(マサ土・山砂) 粒径組成(国際法)、レキ含有量、飽和透水係数、 有効水分保持量、
pH(H2O)、塩基交換容量(CEC)、電気伝導度(EC)
現況土分析 粒径組成(国際法)、pH(H2O)、電気伝導度、腐植、レキ含有量
有害物質分析 重金属等・ダイオキシン類など有害物質試験や残土処理の分析
NEXCO土壌分析 土壌酸度pH(H2O)(H2O2)、電気伝導度、土性、レキ含有率、腐植含有量、現場試験など
ANSI土壌評価試験  ANSI(アメリカ規格協会規格)による土壌の腐食性評価項目の分析
比抵抗、pH、酸化還元電位(Redox電位)、水分、硫化物判定
国土交通省分析など 特に定められた項目はありませんが、植栽用土壌として適しているか判断する項目を
ご提案します。ご相談下さい。

土壌・植物に関する特殊分析項目

1.      土壌分析
・土壌比表面積
・土壌の一次鉱物の同定(重液分離法、X線回折法)と二次鉱物の同定(X線回折法)
・アロフェン含量
・土壌陽イオン交換容量(CEC)と土壌陰イオン交換容量(AEC
・土壌リン酸の形態別組成:全リン酸、有機態リン酸、Ca型リン酸、Al型リン酸、Fe型リン酸
・土壌腐植組成:腐植酸、フルボ酸、遊離形腐植酸、結合形腐植酸、腐植酸型
・土壌酵素活性:サッカラーゼ、ウレアーゼ、ポリフェノールオキシダーゼ、ホスファターゼ

2.      植物体有機成分の粗分画と定量
・粗タンパク質、粗脂肪、糖、デンブン、粗繊維、リグニン 

3.      土壌線虫

4.      根活性(α―ナフチルアミン法等)


農林水産省・各地方農政局などの国営土地改良事業
(土壌調査・土壌基本型の整理・土壌試験など)のサポートも承っております!
ご依頼の手順 

 
分析依頼書(PDF)

 分析依頼書(Excel)


        → 分析依頼書(記入例)

その他、見積り依頼や問い合わせはこちらまで
分析部門 Tel. 03-5300-8288(直) 
         Mail.analysis@createrra.co.jp



受託試験
 改善・緩和
・ 調査・分析結果をもとに、物理性や化学性の改善、障害性の除去、その他必要な改良課題を解決するための
 「地域に適した土壌改良工法」を提案いたします。(コメント)
・ 循環型低コスト技術として注目されている未利用資源の実用化。
 未利用資源の用途開発試験
リサイクル堆肥・改良資材の
発育障害性の確認
(発芽試験)
湖底土等の培土としての
安全性の確認
(栽培試験)

緑化基盤や資材でお困りのことはありませんか?

 
低コスト・安全・確実な緑地形成のお手伝いをさせていただきます。
冊子「ソイルデザイン」のご請求、ご質問は下記までお問い合わせください。

分析部門  Tel. 03-5300-8288(直)  Mail.analysis@createrra.co.jp






HOME > 分析業務(土壌分析・水質分析・肥料分析)と受託業務