クレアテラ
芝生の育成調査
土壌の調査
自然環境調査業務
農耕地および森林環境に係る調査
樹木生育調査
樹木・街路樹診断
校庭芝生化・スポーツターフ造成にかかる調査・設計・施工
環境放射線・放射性核種分析
特殊な調査
研究・発表論文・講師派遣



お問い合わせは
TEL 03-5300-2501
調査部門 まで
樹木医の仕事


樹木医制度は、林野庁の緑化推進施策の一環として平成3年に創設され、現在は、財団法人日本緑化センターが認定を行っている制度です。  
樹木医は樹木の状態を総合的に判断し、樹木の保護・保全を行うほか、街路樹等公共の場所にある樹木の倒木や落枝事故を防止することも重要な樹木医の仕事となっています。  
弊社では、樹木医認定を受けたスタッフが複数在籍しており、目的に合わせて樹木カルテの作成を行い、必要に応じて各専門の研究機関との連携をとりつつ専門的な助言を行っております。


【主な業務】
・樹木の樹勢診断、保全対策の実施
・街路樹外観診断(東京都街路樹診断マニュアルに対応)
・樹木移植適正度診断
・街路樹の腐朽診断(東京都街路樹診断マニュアルに対応)
・枯死木に対する枯死原因調査
・樹木病虫害状況調査
・病害虫検査
・樹木の樹齢調査
・各種根茎調査(エアスコップ対応)


◆ 外観診断

目視やいろいろな道具を用いて、次に示すような診断を行い 樹木医が樹木の健全度を評価します。

樹勢 樹木全体を目視し、樹勢・樹形について総合的に評価します。
打診音異常 木槌により、根元・幹・大枝などをたたいたときに発する打診音から樹木内部の異常を診断します。
揺らぎ 幹を押した時に、根株腐朽等による異常な揺れがないか診断します。
子実体 いわゆる「キノコ」が発生していないか、発生している場合種類は何か診断します。キノコは樹木の材を腐らせるため、特に根元に発生して場合には倒木に対する注意が必要になる場合があります。


◆ 精密診断(腐朽診断)

機械を用いて、樹木内部の空洞や腐朽の広がりを測定することができます。
精密診断に用いられる機械は主に次のようなものがあります。  

・キリを樹木内部に貫入し、貫入時の抵抗から、腐朽および空洞を判定する。  
・樹木内部の音波の伝わり具合を測定し、腐朽および空洞を判定する。  
・γ線を照射することによって、腐朽および空洞を判定する。


【実績例】
東京都都市整備局     大径木再生指針作成
東京都第二建設事務所   街路樹診断結果検証委託
東京都          プラムポックスウイルス調査
東京都          マイマイガ発生状況調査
目黒区          菅刈公園大イチョウ生育不良調査および樹勢回復措置
民間企業         芦ノ湖湖畔の大ケヤキ樹齢調査
国土交通省        鳴瀬川大崎管内樹木診断 
   
その他街路樹診断委託、個人様樹木診断および治療、民間企業様樹木管理助言 多数あり

樹木の外観診断の様子 樹木の腐朽診断の様子
(レジストグラフによる貫入抵抗試験)
エアスコップを用いて根を傷着けずに根茎調査を実施。

各種流行性病害虫に関する調査(左:クビアカツヤカミキリムシ穿孔被害 右:プラムポックスウイルス感染)

各種病害虫に関する顕鏡検査
(左から、マツノザイセンチュウ、白紋羽病、ネコブセンチュウ)


◆ 参考資料

平成26年度街路樹診断マニュアル (東京都) 都HPよりダウンロード可

平成26年度大径木再生指針(東京都) 都HPよりダウンロード可

 
 


樹木医による樹木診断・環境・土壌調査なら(株)クレアテラにお任せください。

HOME > 環境調査・土壌調査・樹木診断等 TOP > 樹木医による樹木・街路樹診断