快適な室内空間を実現するにあたり、空調を使うことなく環境にやさしい断熱方法についてご紹介します。


屋上緑化による断熱
既にご存知の方が多くいらっしゃると思いますが、(屋上の断熱構造にもよりますが)屋上緑化によって屋上階下の室温は夏場で3℃程度低くなるといわれています。
お客様の生の声を紹介します。

<<お客様の生の声>>
●東京都墨田区のA様
「昨年の7月末に屋上緑化の工事をクレアテラネットワークさんにお願いしました。 助成金制度を活用したら半額の予算で済みました。
 おととしまでは夏に屋上直下の部屋を開けると熱気がこもってムッとしてて、たまらずすぐクーラーを入れていましたが、 去年の8月以降はあの猛暑にもかかわらず熱気が感じられなくなり、冷房を使う機会が大幅に減りました。
 一方で屋上緑化にはタイマー式自動灌水システムがあるのですが、8月は水道代も上がってしまいました。 芝の様子を見て本当に必要な時だけ灌水システムを手動運転する事で、9月以降は水道代もだいぶ減らせました。
 お友達を呼んでホームパーティーをしたのですが、屋上に上がった途端に突然目に入る緑に、皆驚いて大評判でした。 屋上で風を感じスカイツリーを見ながらビールを飲む一時が毎日楽しみです。」

<<技術資料>>
  
上グラフ(図1)は、屋上緑化をした箇所としてない箇所の温度を真夏日に計測したものです。
屋上緑化をしていない屋根表面温度が、60℃近くになったのに対し、緑化をした土壌直下の温度は、30℃程度で、安定しています。
上写真は、屋上緑化をした箇所をサーモグラフィカメラで撮影したものです。
緑化をした箇所では30℃程度、それ以外のデッキ部分、コンクリート部分では40℃近くになっています。
芝部(土厚10cm)で、30℃程度ですが、低木・中木部(土厚15cm)のところでは、28℃程度と、更に、温度が低くなっています。


打ち水による断熱
従来日本で行われていた『打ち水』。これは酷暑時、地面に散水することにより水が蒸発・大量の気化熱を奪うことで散水周辺を冷却するものでした。
弊社ではこの原理を活用して、室内空間(特に屋上直下階)の冷房用電力を大幅削減できるシステム 『スマート打ち水』を開発しました。

『スマート打ち水』の特長は次の通りです。
1.屋上直下階はとても涼しくなります。就寝時は特に涼しくなります。
2.極めて安い費用で施工できます。
3.屋上面が設定温度を超えると、屋上面を濡らし熱を奪い続けます。
4.強風時は打ち水を遮断するため水の飛散を抑えます。
5.設定温度以下の時や雨中は散水せず、屋上が乾いた時のみ散水します。
6.使用水の上下水道料金は少額です。無料の雑用水や井戸水を使えます。
7.屋上からの輻射熱が減るため周囲の気温も下がります。


『スマート打ち水』紹介ページ
  


戻る


樹木医による樹木診断・環境・土壌調査なら(株)クレアテラにお任せください。

HOME > 屋上緑化・壁面緑化 TOP > 屋上緑化による断熱